【重要!】転売でよく忘れがちな「確定申告」とは

確定申告

こんにちは、エミです。

転売で稼げるようになったら、
必ずやっていただきたいことがあります。

それは「確定申告」です。

副業で転売をしている方はご存知かと思いますが、
「確定申告」がどういうものか分からない方も
中にはいるのではないでしょうか。

ですので、まずは「確定申告」がどういうものなのか、
お伝えしていきます。

確定申告とは何か

会社へお勤めになっている方は、
確定申告の書類を会社で書いたことがあるのでは、
ないでしょうか。

確定申告とは、1年間の稼ぎを税務署に申告して、
税金を納めるための手続きのことをいいます。

確定申告に使う書類は
国税庁のHPにてダウンロードすることができます。

また、確定申告用の書類の書き方については、
国税庁のHPに説明がありますので、
特に問題はないかと思います。

▼国税庁 確定申告申請書
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/03.htm

確定申告の知識を身につける

確定申告用の書類に記載していく内容については、
確定申告についての知識があるか・ないかで、
記載する内容が少し変えることができます。

どう変わるかというと、 申告をする金額を少なくし、
支払う税金を少なくすることができます。

「支払う税金を安くする・・・これって脱税じゃないの?」
と思うかもしれませんが、 確定申告についての知識があるからこそ、
脱税ではなく、正しい節税をすることができるわけなんです。

しかし、確定申告のしっかりとした知識が無いまま、
申告する金額を少なくしてしまうと、
誤りがあった場合、脱税になり、
より多くのお金を支払うことになります。

ですので、節税をする際は
しっかりと確定申告について学習をしてから、
節税を行いましょう。

確定申告のススメ

確定申告の申請期間ですが、
2月半ばから3月半ばとなっています。

ですので、確定申告のことを意識し始めるタイミングは
1月からでも問題ないだろうと思う方も いるかと思いますが、
実は 、12月から意識しても遅いぐらいなんです。

しっかりとした節税の勉強をする場合、
期間が足りず、結局、確定申告の申請期限、
2月半ば~3月の半ばまでに、
しっかりとした学習は行えません。

つまり、無駄に時間を費やすことになるうえ、
節税にも繋がりません。

ですので、そうならないためにも、余裕のある今から
転売の力をつけていくとともに、
確定申告に備えて、節税について
学習を進めていきましょう!


いかがだったでしょうか?

これまで、確定申告のことを知らなかった方も
中にはいるのではないでしょうか。

この確定申告は、
申告しないままにしないようにしてください。

確定申告をしなかったものについては、
後々“滞納”という形で処理され、
普段より多くお金が取られることになります。

ですので、確定申告は、
しっかりと税務署へ提出していきましょう!

【初心者必見!】これからせどりで稼ぐために知っておくべきこと

初心者

こんにちは。西島です。

せどりを、これから始めようとしている初心者の方は
「何から始めたらいいのか分からない」と何も出来ない状態になり、
せどりに手をつけられなくなることがあります。

その状態を切り抜けるために、
まず始めに、せどり初心者が
行っていくべきことについてまとめてみました。

ぜひ、参考にしてみてください。

始めに『せどり』とは何かを学ぶ

まず始めに、行うべきことは
『せどり』について知ることです。

せどりの意味を分からずに、せどりを行うということは、
野球のルールを知らずに、野球をやっているようなものです。

つまり、せどりがどういったものかをしっかりと理解することで、
せどりのルールを守りながら行えるので、
間違ったやり方や、失敗するやり方を自分で判断して
せどりができるようになります。

せどりのやり方や行う場所を決める

せどりについて一通り理解できたら、
次は、実際にせどりを行う場所を決めていきます。

せどりがどういうものか理解できた方は分かると思いますが、
せどりでは、様々なやり方とともに、
取り扱うことの出来る商品や、ショップも無数にあります。

その中から、自分に合うと思うせどりのやり方と
そのやり方に合うショップ、取り扱う商品を決めます。

例えば、家の外に出て実際のお店に行き、商品を購入するのか、
それとも、自宅にいながら、
インターネットを使ってせどりを行うのか。

これも、人それぞれで変わってくるかと思います。

一番最初のせどり、初めてのせどりになるので、
自分に合っていないものを選ぶこともあると思いますが、
後々やり方を変えられないというわけではないので、
始めは気軽に、やってみたいものを選んでください。

せどりを始めるための準備

せどりも学習した、やり方や行う場所も決まった、
その次は、せどりを始めるための準備です。

実際のお店で商品を仕入れるせどりを行うのであれば、
仕入れた商品を保管する場所が必要ですし、
インターネットのショッピングサイトを使う場合は、
そのショッピングサイトのアカウントが必要です。

他にも別の方法でせどりを行う場合は、
その方法で必要なものを準備する必要があると思います。

ですので、行うせどりを決めた後は
せどりの準備をしっかりと整えていきましょう。

せどりの予行練習

せどりをはじめる前の準備の最後は、
一回、せどりを疑似体験することです。

どう体験するのかといいますと、
家の中にある不要なものを使って体験します。

「不要なものなんてない・・・」
と思うかもしれませんが、
壊れたものや、捨てるものなども
リサイクルを応用してせどりを
疑似体験することができます。

ですので、大抵の方が
せどりを疑似体験できるかと思います。

では、その不要なものの使い方ですが、
リサイクルショップでも売ることができますし、
ヤフオクなどのように、
中古商品・ジャンク商品を取り扱うことができる
ショッピングサイトがあります。

そこで、商品を販売し、
商品を売ることに慣れていきましょう。


いかがだったでしょうか?

せどりを始める前に行うことは
整理できたかと思います。

せどりのやり方や、せどりそのものを理解していない状態で
せどりを行おうとしても何も出来ません。

しかし、せどりの流れや、
せどりというものを理解することで、
初心者の方でも、せどりで稼げる道を
まっすぐ歩むことができます。

ですので、これからせどりをはじめる初心者の方は、
しっかりと、せどりのことを理解し、準備を行ってから
せどりを始めていきましょう!

 転売作業を効率よく済ませるためのリストの作り方とは?

リスト

こんにちは、向井です!

今回は、転売の作業中に“アレ”をするだけで
転売の作業効率をあげることが出来るテクニックについて、
お伝えしていきます。

非常に簡単なことなので、
ぜひ、1つのテクニックとして、
身につけていただければと思います。

少し、あなた自身の転売作業のことを
思い返していただきたいのですが、
ただ単に、転売の作業を
こなしているだけになっていませんか?

この場合、たとえ作業が順調だったとしても、
作業効率をあげることはできません。

では、どうすればいいかといいますと、
ここで、転売作業でよく使うものを
「リスト化する」というテクニックを使っていきます。

転売では、商品情報を調べたり、
仕入先を調べたりと検索をする作業が、
かなり多いです。

その中で、検索結果として、出てきたサイトで
よく転売で使うサイトだったということも多いと思います。

そういったサイトをメモとして残し、リスト化していくことで
調べる作業を省いて、転売作業を効率的に行うことができます。

検索作業が入る転売の作業としては、
商品情報を調べるときと、仕入先を探すときの
2回あります。

ですので、検索作業の時間を少しでも省くことができれば、
かなり作業を効率よく行えるようになります!

では、どのように実際にメモとして残し、
リスト化していくのかということですが、
まずは、必要最低限の情報をメモとして残しておきます。

必要最低限となる情報としては、
「サイトのURL」です。

他にメモを取るものとして、例をあげてみると

  • どういったサイトなのか
  • 何系の商品に強いのか
  • 送料などの商品価格以外でかかる費用

といった感じに、自分が必要だと感じる情報を
メモとして、残していただくだけです。

あとは、以前にメモしたものと被らないように注意して
メモを集めていけば、あなただけの「オリジナルリスト」が出来上がります。

また、このリストですが、他のリストと比べてみると、
あなたが転売で良く使うリストが集まるので、
他のリストとは使い勝手が別格になっていると思います。

自分の欲しい情報が詰まったリストになるので、
作業も効率的に行えるようになるかと思います。

ぜひ、転売作業を行うとともに、
この「リスト化」の作業を加えてみていただければと思います。

本日は以上です!

それでは、また!
[壁]ー^)ノシ

 せどりで失敗しないポイントとは?

失敗

こんにちは。西島です。

今までせどりを行ってきた中で、
失敗したことがないという方は、少ないかと思います。

せどりを行っている大半の方が、何らか失敗を経験して、
その失敗を上手く回避するために、
新しいノウハウが生み出されてきたのだと思います。

そこで今回は、
「せどりで失敗しないポイント」について、
お伝えしていきます。

今からお伝えする部分については、
なかなか習慣づけることが出来ない部分ですので、
しっかりと押さえていただければと思います。

さて、せどりで失敗しやすい部分として、
せどらーの失敗傾向を見ると『仕入れ』のときに
失敗している方が多いようです。

その仕入れについて、失敗している原因としては、
“大量”仕入れを行ってしまい、
失敗していることがほとんどです。

一例として、1つの失敗例をあげますが、

売れやすい商品を見つけることはできたものの、
その商品を仕入れることが出来る場所が、
その時にはありませんでした。

ですが、ひと月ほど経ったときに、
先ほどの売れやすい商品が
大量に仕入れることができるお店を見つけました。

そこで、躊躇することなく、
商品を仕入れるだけ仕入れて失敗する。

というような失敗が、本当に多いです。

この大量仕入れの回避方法として、
2つのやり方があります。

その1つ目は、再リサーチです。

再リサーチで大量仕入れを防ぐ

利益がでそうだということがわかると、
どうしても冷静さを失うことがあります。

そして、一目散に商品を購入し、
後々後悔していまうというパターンが
意外と多います。

ですので、自分がせどりをしたい商品の仕入先を見つけた際は、
その仕入先を見つけたタイミングで、もう一度だけ、
その商品が売れるかどうか調べてみてください。

商品の仕入先が見つからなかった期間が、
いくら短い期間だったとしても、
商品の売れやすさは調べたほうが安全です。

ですので、“常に”とまではいいませんが、
商品を仕入れる前には、もう一度だけ、
商品情報の再リサーチを行ってみてください。

時には諦めることも大切

次に、商品が売れやすいと分かった際に、
商品を仕入れることが出来なければ、
その商品のせどりを諦める方法です。

確かに、もったいないことだとは思いますが、
せどりを行える商品は、他にも山ほどあります。

たった1つの商品を諦めたとしても、
再度リサーチを行えば、他の商品で売れやすいものが
すぐに見つかると思います。

中には、
「やっとの思いで売れやすい商品を見つけた」
という商品もあると思います。

もし、このような場合で、 諦めがつかないときは
商品情報をメモしておき、
その商品を仕入れることができる場所を見つけた際に
先ほどの『再リサーチ』の方法と併用して
せどりをすることもできます。

ですので「商品を仕入れることができる場所が全然見つからない」
ということで困っている方がいましたら、
「商品情報メモとして残しておき、次の商品をリサーチ」という方法も
試していただければと思います。


いかがだったでしょうか?

非常に簡単なことですが、
これがなかなか習慣付けて行うことができません。

やってはいけないと分かっていても、
ついついやってしまう、そんな経験があると思います。

この部分をいかに減らせるかで、
せどりでの利益は着実に増やしていくことができます。

ですので、わざわざ失敗につながる道へ進まなくても、
安全でリスクが少ない道があることを忘れずに、
せどりを行っていっていただければと思います。

【仕入先が見つからない!】絶対に仕入先が見つかる方法

仕入先

こんにちは、向井です!

転売をはじめたての頃は、
なかなか仕入先を見つけることができず、
仕入先を探す作業に時間を
費やしてしまうことがあると思います。

そこで振り返っていただきたいのですが、
仕入先を探す方法が1つだけになっていませんでしたか?

1つの作業に集中していると、
同じやり方で、作業を続けてしまうことがよくありますよね。

もし、そのやり方が効率が悪い方法だとすると、
見つかるものも、見つかりませんよね・・・。

では、どうすればいいかということですが、
まず、1つ目は「多くのやり方を試すこと」です。

様々な探し方を試す

商品の仕入れを探すという1つの作業でも
仕入先を探す方法はいくつもあります。

例えば、
Googleで販売しているショッピングサイトを検索したり、
ツールを使って仕入先を探したりする方法など、
ほんの少し考えるだけで、探し方の案が出てくると思います。

その仕入先を探す方法を、1つ1つ試していってください。
そうすることで、仕入先を探す方法の良し悪しがわかるからです。

「この方法は仕入先が見つかりやすい」
「この方法では特定の仕入先しか見つけられない」
など様々な特徴が見えてくると思います。

ただ、ここで注意していただきたいことがあります。
それは、仕入先が効率よく見つかる方法だけを
使うようになってしまうことです。

その理由ですが
「“たまたま”仕入先が見つかりやすかった」
ということも中にはあります。

逆に、仕入先が見つけられなかった方法が
「“いつも”は比較的に仕入先を見つけられる方法だった」
ということもあるからです。

ですので、転売をはじめたてのころは、
いくつかの仕入先を探す方法を
順番に行ってみてください。

探し方の知識を蓄える

次に、商品を探すための方法・手段を学習することです。

仕入先を探すといっても、しっかりとした知識がなければ、
仕入先は、なかなか見つけることができません。

ですが、多くの仕入先を探す方法を知っていれば、
1つの探し方で見つけられなくても、
別の仕入先を探す方法で、新たに仕入先を探すことができます。

さらに、いくつかの仕入先を探す方法を
組み合わせて探すことも可能になります。

つまり、数多くある仕入先を探すやり方の
良い部分だけを組み合わせて、
仕入先を探すことができるというわけです。

逆リサーチをする

最後の方法としては、
どうしても仕入先が見つけられないという場合は、
仕入先を探すことを諦め、
すでに販売されている商品が
売れやすいかどうかリサーチする方法です。

つまり、仕入先はすでに決まっていて
そこで売られている商品が売れるかどうかを
調べるというわけですね。

転売の基本的なリサーチ方法としては、

  1. 売れやすい商品を探す
  2. その商品の仕入先を探す
  3. 商品を仕入れる

という流れがあります。

この流れを、

  1. 販売する商品を決める
  2. その商品が売れやすいかどうか調べる
  3. 商品を仕入れる

という形で行います。

つまり、出品する商品の仕入先が決まっている状態で
転売ができる形になります。

ですが、こちらの方法は、
数多くある商品の種類の中から1つ選んで、
その商品の売れ行きを調べないといけないので、
なかなか売れやすい商品を、
最初から見つけることことができません。

つまり、リサーチの回数が
増える可能性があるということです。

もし、この方法を使う場合は、
手間が増えるかもしれないということを
頭に入れて、行ってくださいね!


いかがでしたか?

仕入先を探すという1つの作業だけでも、
色々な工夫を加えることができます。

仕入先を探す作業以外で困っている部分がある場合は、
その作業について少し考えるだけでも、
簡単にできる方法や工夫が見つかるかもしれませんよ?

余裕があるときに、ぜひ、試していただければと思います。

本日は以上です!

それでは、また!
[壁]ー^)ノシ

【耳寄りせどり情報!】コストをかけずに仕入れができるクレジットカードの使い方

クレジットカード

こんにちは。西島です。

せどりを行っている中で、クレジットカードを使って
商品の仕入れを行っている方がいるかと思います。

そんな方に耳寄りな情報をお伝えします!

「使っていない!」という方も、
知っているだけで、後々使えるテクニックですので、
ぜひ、参考にしていただければと思います。

クレジットカードを使っている方は、ご存知かと思いますが
クレジットカードによって、
毎月の区切りや支払い方法が変わってきます。

例えば、JCBのクレジットカードであれば、
一回の支払い期間を16日~来月の15日で区切り、
その期間で使用したお金の支払いを
締め切った月の翌月、10日に支払います。

ですが、楽天のクレジットカードですと、
一回の支払い期間を1ヶ月ごとで区切り、
その期間で使用したお金の支払いを
締め切った月の翌月、27日に支払います。

このように、クレジットカードごとで
違いがありますので、自分の使っているクレジットカードについては、
しっかりと把握しておきましょう!

さて、ここからが本題になります。

クレジットカードを複数枚もっているときに使えるテクニックですが、
クレジットカードを上手に併用することで、
キャッシュフローを気にせずにせどりを行うことができます!

このテクニックのやり方についてお伝えいたします。

先ほどもお伝えしたように、
クレジットカードごとで、
料金を支払う日が変わります。

これを利用して、上手にクレジットカードを使い分けることで、
仕入れた商品の費用を、その商品の売上金額で支払うことができます!

つまり、実質的に仕入れ費用をかけずに、
せどりが行えるというわけです。

例えばですが、先ほど例にあげた、
JCBのカードと楽天のカードを使う場合ですが、

1日から15日までは、楽天のカードを使い、
16日から月末までは、JCBのカードを使うとすると
支払い日までの期間を最長に延ばすことができます。

つまり、この両カードの支払い日までに
商品の売上があがれば、実質的にコストがかかることことなく、
せどりを行えるというわけです。

いかがでしょうか?

意外と便利なテクニックだと思いませんか。

ですが、このテクニックを使う際に
気をつけて欲しい事が2つだけあります。

それは、自分の使うクレジットカードを理解することと
使用したクレジットカードの使用情報を管理することです。

これから使う、自分のクレジットカードについて把握していないと、
支払日などがはっきりしていないために、支払いが遅れたり、
大金を一気に支払わないといけなくなったりしますので注意してください。

また、クレジットカードの使用量の管理についてですが、
1つのクレジットカードを使いすぎて、
使用限界の金額まで使い込んでしまい、
使えなくなるということになりかねないので、
こちらも注意していただきたいです。

上記の2つの注意点さえ、守っていれば
難なくこのテクニックを使いこなせると思いますので、
ぜひ、お試しください!

 輸入転売で利益が増えるタイミング「円高」とは?

円高

こんにちは、向井です!

今回は、輸入転売で使える、
「ちょっとした豆知識」について、お伝えしていきます。

一体、どういった内容なのかというと、
輸入転売を行う中で、
商品を安く仕入れることができるテクニックになります。

海外から商品を仕入れる輸入転売で、
商品を購入する際にかかってくる金額に関わってくるものとして、

  • 商品価格
  • 送料
  • 為替

上記のものなどが関わってきます。

ここで注目していただきたいものが“為替”です。

送料自体は、大きく変動することがありませんが、
為替はそうではありません。

日々、価格が変動し
常に為替相場は動いています。

さて、ここまで説明すると、
すでにお気づきになった方もいるかと思いますが、
為替相場が“円高”になっているときに、
狙って商品を仕入れることができれば、
商品を安く仕入れることができるということです!

ちょっとだけ「円高」と「円安」という言葉の意味を
簡単にお伝えしますね!

円高

円高とは、日本円を外国の通貨に変えるときに、
高くなっていることを言います。

例えをだすと、
元々、1ドル=100円だったものが
1ドル=90円になっていれば、
円高の状態になっています。

少し分かりずらいと思いますが、
こう考えると、分かりやすいかもしれませんね。

1ドルの商品があり、
元々は10,000円で購入しないといけないものが、
9,000円で購入できるようになったということです。

つまり、日本からすると
お得になっているという状態ですね!

円安

さて、次に円安ですが、
先ほどお伝えした、円高とは逆の状態ことをいいます。

ですので、先ほどの例でいうと

1ドル=100円から、
1ドル=110円になれば、円安になっているということです。

こちらも分かりやすくすると、
1ドルの商品を10,000円で購入できたのに、
11,000円で購入しなければいけなくなったということです。


結構前になりますが、イギリスの
EU離脱のニュースがあったと思います。

このときに、ユーロに対する不安感が広がり、
円が買われたことで、大きく円高に動いたんです。

このように為替は、世界の政治や経済の
ニュースにあわせて変動するので、
週に1回くらいは為替の動きをチェックしてみてください。

こういった為替の相場を見つつ、
輸入転売を行えば、狙って商品を安く仕入れることができ、
稼げることができる利益を、簡単に増やすことができるんです!

また、為替相場を意識してみていれば、
商品を仕入れるのにかかる費用が増える、
円安になっているタイミングを避けて、
輸入転売を行っていくことも可能です。

ですので、輸入転売を行っている方は、
為替を少し気にしつつ、
転売を行ってみてはいかがでしょうか?

本日は以上です!

それでは、また!
[壁]ー^)ノシ

 なぜ売れない?あなたのせどりで売れない3つのパターン

売れない

こんにちは。西島です。

電脳せどりを行っている中で、
「いくら商品を出品しても、なかなか売れない」
ということがあると思います。

今回は、この「商品が売れない」ということについて
お伝えしていきます。

こういった「商品が売れない」という現状は
せどりを始めたばかりの頃や、
季節の変わり目に、なりやすいことです。

ですので、せどり初心者の方や、
季節の変わり目に売れなくなったという方は、
一時的なものとなりますので、あまり気にせずに、
せどりを続けていただければと思います。

ですが、先ほどあげた時期以外で
商品が売れないことが続いているのであれば、
それは、せどりの行い方に原因があると考えられます。

商品が売れない原因としては・・・

  • 出品している商品の売れ行きが良くない
  • 同じ商品を出品している競合のほうが安い
  • 悪い評価が多くなっている

上記のような原因が考えられます。

1つ1つの原因について、
簡単に解説していきますね。

出品している商品の売れ行きが良くない

こちらを少し深堀すると、
「売れやすい商品のリサーチが上手くいっていなかった」
「季節はずれの商品を出品している」
ということが多いです。

ですので、一度
商品情報を調べてみてください。

そうすることで、
商品ごとの売れない原因を明確にでき、
商品を売れやすくする施策を打つことができます。

同じ商品を出品している競合のほうが安い

こちらについては、商品情報を調べてから
取り組んでいただければと思います。

その名の通りですが、
商品を出品しているサイトにて、
同じ商品を出品している競合のほうが
商品価格を安く設定している場合があります。

ですので、売れやすい商品だったとしても、
「こっちの方が安く買える!」となると、
どうしても商品の競争に勝つことはできません・・・

ですので、利益に余裕がある場合は
商品の価格を安く設定すれば、
対処することが可能ということです!
(利益がでる範囲で行うようにしてください)

悪い評価が多くなっている

こちらの場合は、出品している商品に問題はないものの、
出品者の評価が悪いために、商品が売れないということです。

インターネットを使って商品を買う場合は、
相手の顔がまったく見えない状態で商品を買うことになるので、
どうしても、出品者の評価に頼りがちになります。

そこで、出品者の評価が悪いと、
何をしても商品は売れないことが続きます・・・

この場合の対処法としては、
引き続きせどりを続け、
良い評価を増やしていくしかありません。

購入者の方にこまめに連絡をいれたり、
ちょっとした一言を付け加えるだけでも
評価はよくなったりするので試してみてください!

ですので、電脳せどりを始めたばかりという方は、
評価には気をつけて、せどりを行っていただければと思います。


いかがだったでしょうか?

出品している商品に原因がある場合と、
それ以前の問題がある場合については
知っていただくことが出来たと思います。

ですので、商品が売れないと感じましたら、
一度、この記事のことを思い返して、
原因を探していただければと思います。

本日は以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 ガッチリ稼ぎたいなら海外の商品の転売がおすすめのワケ

海外

こんにちは、エミです。

11月にも入り、本格的に冬に近づいてきましたね!
そんな中、みなさんの転売の調子はいかがでしょうか?

「冬の商品も出品ができ準備万端!」という方もいれば、
「出品した商品がどんどん売れていってる!」という方も
いるのではないでしょうか。

そこで今回は、より利益を出すために、
取り扱う商品の幅を広げる、

「海外のショッピングサイトを使った転売」

についてお伝えしていきます。

みなさん、すでにご存知かと思いますが、
海外のショッピングサイトから仕入れを行う転売方法を
「輸入転売」といいます。

また、海外のブランド商品を購入する際に、
国内の正規代理店を使わず、
海外の正規品を販売しているショップから
商品を仕入れることを「並行輸入」といいます。

ですので、輸入転売でブランド商品を取り扱っている方は、
並行輸入を行い、商品の転売をしているということになります。

そしては、この転売方法こそが、
取り扱う商品の幅を広げることができる転売方法なんです!

その、一番大きい理由としましては、
日本で販売されていない商品を出品できるようになるからです。

そして、日本で販売されていない商品ということは、
周りにライバルが少ないということになります。

ですので、独占に近い状態で
商品を取り扱っていくことも可能なんです。

海外のショッピングサイトを使うということを聞いて、
「英語ができないと難しいんじゃ・・・」
と思った方がいるかもしれませんね。

大丈夫ですよ!

英語ができなくても、
無料で提供している翻訳サイトを使えば、
問題なく英語での対応も簡単に行っていくことができます。

ですので、今や「輸入転売」は
誰でも行える転売方法になっているんです。

しかし、輸入転売は、
行っている転売者の数が少ないんです。

ですので、周りの方が行っていない工夫を加えて転売を行えば、
オリジナリティがでて、周りと差をつけることができます。

周りとの差を出すことで、
いくらでも商品を売れやすくすることも可能ですし、
商品の価格も、より高く設定しても売ることもできます。

つまり、稼げる利益を大幅に伸ばしていくこともできるんです!

海外のショッピングサイトを使う輸入転売のやり方と、
国内から商品を仕入れる転売のやり方の違いとしては
仕入先が違うだけで、それ以外の部分は全てが一緒です。

ですので、何も気にすることはありません。

もし、今行っている転売で
余裕ができているのであれば、
輸入転売をはじめてみてはいかがでしょうか?

本日は以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 リサーチわずか10秒!ビームせどりを行う際の注意点

ビームせどり

こんにちは。西島です。

せどりを行っている中で「ビームせどり」という言葉を、
耳にしたことや、目にしたことがあるのではないでしょうか?

もしかすると「初めて聞いた!」という方も
いるかもしれませんね。

今回は、この「ビームせどり」についてお伝えしていきます。

どういった手法のせどりなのかといいますと、
まずは、小型のバーコードリーダーを使って、
商品のバーコードを読み取ります。

それによって、商品の売れ行きや、
他店舗との価格差があるかという、商品の情報を調べながら、
商品の仕入れを行うせどり。

これを「ビームせどり」といいます。

「あれ?」と思った方はいませんか?

そうなんです。

ブックオフなどにいくと、
たまに見かけることがあると思うのですが、
バーコードに赤い光をあてて、何かをしている方がいると思います。

その方が「ビームせどり」を行っている方ということです。

その方々が調べている情報としては、

  • 商品の売れ行き
  • 商品の価格相場
  • 他店舗での出品価格

などのことを調べています。

つまり、バーコードリーダーでバーコードを読み取っている作業は、
一般的なせどりのツールと同じことを行っているんです。

そして、この「ビームせどり」で驚くことが、
バーコードを読み込むだけで商品の情報を調べることができるため、
1つの商品を検索するのに、たった10秒ほどで
済ませることができることです!

ですので、半日ぐらいで1つの店舗の商品を、
全て検索してしまうこともできてしまうのです。

こんな驚異的な手法の「ビームせどり」ですが、
今では、バーコードリーダーで商品のバーコードを読み取ることを
禁止している店舗が多くなってきています。

その理由としては、
「普通に商品を買いにきたお客様の邪魔になってしまう」
ということが原因になっているようです。

また「ビームせどり」を行っているせどらー側からしても
「周りの目が気になる」と感じる方もいるようです。

ですので「ビームせどり」を行う場合は、
禁止されていないところで
行うようにしましょう!