転売で忘れてはいけない5つの心構えとは?

心構え

こんにちは、西島です。

新年が始まり、新しい気持ちで転売に臨んでいくにあたって、
改めて、転売ビジネスの5つの心構えを
お伝えできればと思います。

この心構えは、転売ビジネスに限らず、
他のビジネスでも成功・失敗に大きく関わってきます。

ですので、今年も
転売ビジネスを成功させるためにも、
今回お伝えしていく心構えを、
しっかりと頭の中に入れていただければと思います。

では、1つずつお伝えしていきます。

1.転売ビジネスも1つの「ビジネス」

転売は、副業として行っている方が多いと思いますが、
商品を販売して、お金をもらう以上、
転売もれっきとした1つのビジネスです。

もし、甘い考えや気が緩んでしまって失敗をすれば、
転売の世界で信用を失い、
不利になってしまうこともあります。

ですので、副業を行う際は、
ビジネスだということを忘れずに、
一人の「ビジネスマン」として、
転売を行っていただければと思います。

2.いきなり大きな利益を出そうと考えない

転売は、商品を購入したときの金額と、
商品を販売したときの金額の差額で、
利益を出していくというものです。

ですので、差額が高ければ高いほど、
出せる利益も増えていきます。

そこで、初めから大きな利益を狙おうとして、
差額の大きい商品ばかり転売しうようとすると、
非常に効率の悪い転売を行うことになります。

なぜなら、大きな差額を出せる商品は、
稀に見つかるもので、狙って探しても、
見つかるものではありません。

専業で転売を行っている方からもよく聞くことなんですが、
「まずは、利益が薄くても商品を転売して、転売に慣れるところから」
という教え聞きます。

これは「転売の作業をスムーズに行えるようになるまで、
転売の作業を重ねる」ということだと思います。

ですので、まずは、
転売に慣れるところから、
はじめていただければと思います。

3.仕入れの基準を決めて守る

転売を重ねていくことで、
次第にルールが決まってくることがあると思います。

そのルールは、必ず守っていくことにしましょう。

もしかすると経験したことがある方もいるかもしれませんが、
いつもと少し違う条件で転売を行った際に、
転売を失敗してしまったことがあるのではないでしょうか。

これは、いつも行っている転売の条件を、
少し甘くしてしまい、自ら失敗への道を選んでしまったことによる、
結果なんです。

ですので、こういったことが起きないように、
転売で利益が出ている時は、
そのやり方を守って行っていきましょう。

4.商品情報は明確に記載

商品を販売する際に、
商品情報を載せることがあると思います。

そのときに、嘘の情報を書いてしまわないように注意してください。

なぜなら、クレームになっている一番の原因は、
商品状態の伝達ミスのものがほとんどなんです。

商品が売れやすくなるように、商品状態を偽って書いたり、
傷などがある部分をわざと写真で掲載していなかったりと、
商品が売れやすくなるようにしたいお気持ちは、よく分かります。

ですが、それを行うことで、
使用しているショップのアカウントが停止になったり、
販売者としての信用を失ってしまい、
商品の売れ行きが悪くなっては、元も子もありません。

ですので、商品情報を載せる際は、
商品の傷までしっかりとお伝えするようにしていきましょう。

5.商品は丁寧に扱う

転売で、一番重要なものが「取り扱う商品」です。

商品が無ければ、利益を獲得すること以前に、
転売を行うことができません。

また、仕入れた商品を雑に扱い、
傷でもつけてしまった場合は、
利益を出すどころか、
無駄にお金を支払うことになります。

ですので、取り扱う商品については、
丁寧に扱っていきましょう。


いかがだったでしょうか?

意外と普通のものだと思った方も
いるのではないでしょうか。

ですが、この普通のことが
なかなか意識できないのも、また事実です。

今年の転売でも、
この心構えを忘れずに、
転売を行っていただければと思います。

本日の転マガは以上です。